南の庭づくり

カシワバアジサイとドクダミ

今日は、以前投稿した『庭づくりを考える』に続く第2弾『南の庭づくり』についての投稿です。7年前、南なのに薄暗く、物置場化しており、雨が降ると池の様に水が溜まっていた庭が少しは変わった様子を「現地調査」から「計画・施工」「考察」まで順にちょこっとお話したいと思います~。

スポンサーリンク

現地調査

物置場として使われていた南の庭

物置場として使われていた南の庭


1)敷地

三角地帯(≒底辺3m×高さ13m)

2)土地レベル

  1. 庭の中央辺りが窪地状(経年変化かと思われる)→大雨になると雨水が滞留
  2. 全体的に建物側が低い→建物側に雨水が押し寄せてくる
  3. 排水・土地勾配がうまく機能していない
  4. 山から下ってくる水路脇道→流下する雨水が敷地内に流れ込む

3)強い南風(風除けのスギの囲繞)

  1. 南なのに薄暗い庭の様子

    南なのに薄暗い庭の様子

    南なのに薄暗い庭の様子

    南なのに薄暗い庭の様子


    囲繞が混み、建物等に悪影響
  2. 薄暗い

4)積雪量

  1. 1~2m程度
  2. 12月~3月は雪に埋もれる

5)施設(丸太置場)

  1. 風通しが悪い
  2. 雨水も滞留しやすい

6)土壌

  1. 混み合う杉の囲繞

    混み合う杉の囲繞


    粘土質な土質
  2. 水はけが悪い
  3. 植栽するには土壌改良が必要

コンセプトは『自然との共生』

庭は「生活空間」である。

山里の暮らしは自然の影響を多く受ける。雨・風・雪から家を守り、自然に対しての暮らしのスケジュールを考慮し、如何に自然の中で、自然に逆らわず、自然を活かしながら、生活し易く造るかを第一に考える。

スポンサーリンク

計画・設計

計画ポイント

1)排水処理:排水・土地勾配がうまく機能していないものを再整備する

2)冬の雪除け、凍結を考慮した丈夫で邪魔ならないデザインとする

3)植栽は、その土地に無理なく馴染む樹木や草花をゆっくり育て楽しむ

設計ポイント

1) 犬走り(建物の軒内の俗称、犬が走るほどの細長い通路)

床下への浸水防止・冬場の通路確保として、家の周囲に犬走りを設ける

2)排水処理

  1. 排水の為、犬走りの手前に排水溝(開渠)を設ける
  2. レベル・サイズ・コスト・家への出入りなど生活に不便のないものを検討
  3. U字溝(60mm)を採用

3)植栽

  1. 囲繞をデザインに取込み、一体感を持たせ、庭づくりに活かす
  2. 環境に耐性のある樹種を選択、幼樹から植栽する
  3. 暮らし(作業)の邪魔にならない、スペースを確保する
  4. 出てきた石を再利用
  5. 日照・隣家との関係などを考慮
  6. 土壌改良を検討

4)築山(土を盛って造られた山の景)

  1. 囲繞のスギは根が充分に張られていないと想定→スギの根は出来るだけ傷つけない(スギの倒木も誘発しかねない)
  2. 植栽する場所として、築山を構成(土壌改良)
  3. 景観的には狭い敷地に変化と広さを生む効果あり

5)その他

  1. 丸太置場の撤去・移設
  2. スギの囲繞の混みあった箇所を一部間伐・枝打ちによる整理
  3. 排水がうまく機能する様、敷地内の勾配を整える
  4. 水路脇道、中央を窪ませる、若しくは水路側へ勾配を整える

植栽詳細設計(樹種選定)

  1. 雪や風など厳しい自然環境に馴染む自生植物や耐寒性のある樹木(落葉灌木など)
  2. 耐性を持たせる為に幼樹から植栽
  3. 花色は白色のものを多く選択(スギの囲繞による薄暗さ解消)
  4. 「造りこんだ庭」ではなく、「自然風」なものにしたいので、いかにも園芸品種・極端な斑入り種は不採用とする
  5. 樹高の高い低いや、葉色や青みがかったもの・黄みがかったもの、細葉や丸葉など、組合わせることで表情豊かな寄植えとなるよう、品種を選定

上述から、ヤマボウシ・マンサク・エゴノキ・マユミ・トサミズキ・コデマリ・カシワバアジサイ・ギボウシ・ミヤコワスレ等とする

施工

掘削で出てきた石のほんの一部

掘削で出てきた石のほんの一部

1)掘削

勾配を整えるべく掘削を始めましたが、30cm角ほどの石がゴロゴロ出てきて、その多さには本当に驚かされました。実際の施工よりも、掘削作業や出てきた石の運搬に時間を多く費やし、整地されていない地で、一人で人力でやる苦労を思い知る大変な作業でした。

2)犬走り

犬走り施工

犬走り施工

コンクリ仕事も掘削同様に大変です。犬走りのデザインは、鼻端にゴロタ石(拳大の石)を当てていくものとしました。家の柱にベンガラが塗られているので、犬走りの仕上げにもほんの少しだけ赤みがかった色粉を混ぜています。犬走りは家の全面に施工しています、南面の施工は最後だったので、石にも慣れ、短時間でうまく並べられ、とても楽しかったです(コンクリ仕事もヘロヘロにはなりますが、嫌いではありません)。

3)築山

4t車1台分客土(排水や土壌改良の目的で新たな土を運び入れる)。庭の間口が狭い為、別の場所に一旦下してもらった土を一輪車で運搬、これ又しっかり土方仕事でした。

4)植栽

白花のミヤコワスレ

白花のミヤコワスレ

囲繞を背景に築山に植栽。西→東に視線が流れ、奥行が感じられるよう配植。

5)

出てきた石で再利用したのは3石だけです。その他に、もともと此処に残っていた石臼材を飛石(歩行目的に等間隔に据える平天石)に利用しました。飛石の微妙な配置はなかなかお気に入りですが、きっちり決めた”ちり(施工用語、わずかの高さの段差)”はモグラにすぐ破壊されました(笑)。

考察のような感想のような・・

南の庭が変わりました。

南の庭が変わりました。

1)勾配・排水

勾配・排水に関しては、小さいながらにもU字溝も機能し、以前のような池の状態からは脱しましたが、「満足」とはいかない工事でもありました。

問題点:U字溝が小さ過ぎて、裸地の部分の土跳ねによる泥や落ち葉などのゴミが詰まりやすく、大雨になると犬走りにまで雨水が押し寄せる、又小さいが為の掃除のし難さがあります。
 
犬走りに関しては、家の基礎のレベルが土地に対して低いことで、現在の犬走りの高さが限界でした。土地の高さ・基礎の低さを考えれば、集水桝や暗渠を使えば排水がしやすいところですが、管底レベル・勾配など検討すると結局難しく、最終的に開渠としました。
 
そんな中で、溝の形状についても、レベルや敷地の狭さやコストなどを考えると、既製品では最終的に60mmのU字溝を選ぶしかなかったのですが、オリジナルサイズで浅型の皿型側溝のようなものを自分で造れれば最良だったのかもしれません。又、側溝の位置を犬走り脇ではなく、築山脇にすれば犬走りに雨水が流れ込むことは避けられたのかもしれません。U字溝に落ち葉などゴミが詰まることについては、U字溝には専用蓋もありますが、やはり田舎暮らしは基本開渠が良く、蓋などもなく、OPENで掃除しやすくなっていることが一番のように感じています。蓋をしては排水も今より機能していない気もします。
 
年数が経って、当時裸地であった所には今は苔が広がり土跳ねは随分減り、U字溝に入る泥も減りました。
 
宅地造成された土地などとは違って、山里暮らしなどは、長い年月の中で、もともと家が建っていた所に後から道路や側溝などが造られたことで、勾配が変わってしまい排水などの問題が発生してくる・・なんてこともあるんですね・・。なかなか厳しい工事でした・・。
 
2)植栽
 
風や雪など環境が厳しいこと、スギの根元近くに植えつける為、土壌も満足いくまで改良・確保出来ずで、幼樹から環境に馴らし耐性をつけるとは言っても、余りに条件が厳しいと本当に成長が遅かったり、育たなかったり…。「ゆっくり楽しむ」などと言いつつ、最初は私自身が成長を待ちきれず、一旦別の場所に移し少し成長させてから又植え直してみたりしました・・。が、これに関しては「環境と幼樹の関係性」があり、此処では少し成長させた位が「植え時」だったとも感じました。植えつけて4年程ですが、最近少しずつ表情がでてきたような気がします。嬉しくもありますが、居場所のあまり良くない所に植栽したことについては考えるところもあります・・(またこんな話もいつかできればと思います)。あと、買ってきたものとは別に近くに実生で芽吹いてきたヤマボウシがあり、これを移植しました。根が見るからに逞しく、植え付けた時は20cm程だったものが今は1m程、とても成長が早いです、現地で育ったもの(DNA)は凄いです。
 
築山は結構こだわりのライン、苔もはってみましたが、これがモグラのお蔭でガタガタボコボコです~。育ってきた苔は何か獣のせいでしょうかある日ベロ~ンと剥される。やっと育ってきたと喜んでいた良い枝はこれも獣のせいでしょうかある日ボキンッと折れている。7本の株立ちで買ったはずのエゴノキは強風で1本2本・・と枯れ今では4本立ち(この4本は頑張ってくれそうです)・・こんな始末です。最初は嘆いたものですが、今ではあまり気にもならなくなり、いい意味で諦めています。獣も雑草が侵食してくるのと同じようなもので山里では仕方ないことだし、「自然を味方に」「自然任せ」と思えるようになりました。実際目指すところの「自然風」それらしくなってきているような気がしています。今はモグラやドクダミなどは固い土を耕してくれる私の助っ人でもあります(笑)。
 
フラットな部分は均し、勾配を整えた後、最初は這性のカモミールで香りのじゅうたんにしたかった(ここだけは「無理なく土地に合った」に反してやってみたかった)のですが、土壌も改良不足で状態も良くなく、雨水が流れ・・やはり環境が合わず自然消滅(私の中途半端な仕事の結果です、申し訳ない。それに無理な選択はやっぱりうまくいかないんですよね。)。南面は雨どいが無い為、当初は裸地の部分の土跳ねが気になりましたが、今は苔が次第に増え、おかげで土跳ねも減り、此処には苔が合うということでこれ又自然任せです。

管理

1)
 
植栽はスギの囲繞脇なので、雪からは比較的守られています。一年目は簡単な雪囲いをしましたが、昨年は少し背丈が伸びてきた樹種に夫々イボ竹の支柱を1本それにワラ縄で束ねただけにしました。
 
2)灌水
 
スギの脇だと雨が余りにも当たらないのが想像以上でした、そんな場所に築山にしたこともあり、今はたまの灌水が必要です。
 
3)除草/剪定
 
植栽して4年目の様子です。

植栽して4年目の様子です。


庭を造ってしまえば除草はかなり楽です。1~2か月に1回、半日ほど手除草ですっきり綺麗になります。
自然に入ってくる実生のコナラやケヤキなんかはところどころに残しています。枝が込み合ってきたら風通しが良い程度に整枝します。
ドクダミやゲンノショウコなどの野草は選択除草。
ドクダミなんかは放っておくとアッと言う間に広がってしまいますので、”通常の庭づくり”では不要な存在とされるかもしれませんが、此処では適度に整理する程度にしています。特に今は前述した通り、根は土を耕してくれる私の大切な助っ人なのです、勿論地上部の恩恵も頂いています。
 
杉の囲繞を背景に植栽。

杉の囲繞を背景に植栽。


コンセプトにした『自然との共生』は人と自然もそうですが、既存の植物と追植した植物との関係もかと思っています。そのうちに追植した植物も此処の環境に馴染み、既存の植物とも自然にうまくやってくれる、共存し良い景観が出来て行く~と思いながら作業しています。
雪囲い・灌水ともにここ1~2年ほど気にかけていれば、あとは自力でやって行ってくれそうに思います。
 
これからこの庭がどんな風に変化していくのか、成長していくのか・・、「桜守」ではないですが私はちょっと”お助けマン”くらいの存在でこの庭を見守りたいと思っています。
 
追伸:「ちょこっと」のつもりが長文になってしまいました(これでもかなり抜粋しているのですが 笑)。最後まで読んで頂き有難うございました。
 
 
 

スポンサーリンク