春のごちそう

春のご馳走

山里暮らしは頂き物が多く楽しみですが、期待していると貰えなかったりして思うようにはならないのが玉に瑕。

先日は村の長老から家の前に水を引いて作っているというワサビを頂きました。なかなか家の端でわさびを育てているなんて聞いたことがありませんが、この地は谷でもあって水が豊富なのでやろうと思えばこんなこともできるということでしょう。

早速、ささやかながら美味しいお刺身でも買ってきて一杯やらねば~と夕食が楽しみで仕事も捗ります♪。

富山はお魚が美味しいと有名?ですが、その通り!スーパーには地元で獲れた新鮮な魚がいつも沢山並んでおり、庶民の味方のアジやサバ、イカなどもとても新鮮!安価!嬉しい限りです♪今年は特にはイワシが豊漁で安いのですが、贅沢にもいつもだと飽きてきてしまいます。冬の間は幻の魚「ゲンゲ」(幻魚でゲンゲです)という深海魚が水揚げされて、見た目はぬるぬるにょろにょろですが、コラーゲンの塊で我が家では料亭の味「ゲンゲのフリッター」が定番でもあります。

さてさて、スーパーに行くと、今日はなんと「刺し盛り」が売っていない。ありゃ残念。仕方なく単品で…。滑川のイカとぶりのお刺身をゲット。あとこの時期美味しいのがホタルイカ。ホタルイカは3月頃から4月頃が獲れ時ですが、今年は富山湾の水温の関係で水揚げが最低なのだそうです。茹でたものも売っていて手軽で良いのですが、やっぱり生のものを買って家で目を取って茹でるとプリプリ感も違ってより美味しい!し、富山産のものは他の産地のものよりも大きいような気がします。という訳で勿論生のホタルイカもゲットです。その他にこれからの時期、富山湾の宝石「白エビ」というものもありますが、お刺身は美味ですが、家で料理するにはちょっと面倒くさく量も少なめになってしまいます~、かき揚げは手軽に出来ますが、今度は少し油ギッシュとなり大量には食べられず~、そんなこんなで結局我が家ではたまのお目見えとなっています~。

野菜類としては、今朝、晩のおかずにとウドを少し採ってきていました。ウドを収穫すると例の爽やかな香りが鼻腔を刺激してなにやら元気が出ます。香りというと高級爪楊枝の材料になっているクロモジの木もここいら辺には多く疲れた時などに葉っぱをちぎって香りを嗅ぐと元気が出ます。

夕方には、またまた長老より自分がいつも採るものと比べ物にならないくらい大きく立派なコゴミを山ほど頂きました。

ウドは定番の油炒め、コゴミは馬鹿の一つ覚えですがシンプルに茹でてマヨ味噌で頂きました。ウドはまぁいつもの味でしたが、ジャンボコゴミは今まで食べたことのない美味しいものでした。

そうそう、肝心の本わさび、チューブのやつはすごく辛いのにすりおろしたやつは辛さが控えめで甘味を多く感じました。大概本物は甘さがあるもんですねー。いつも食べられるわけではありませんが、贅沢を堪能させてもらいました。

嗚呼美味しかった~♪♪

春のごちそう~♪、これぞ「ご馳走」です!

お酒飲んで~調子よくなって~「ワサビおろし買おっかぁ~♪」。

又ワサビが貰えるんでしょうか~???(笑)

スポンサーリンク