木々の新芽が萌え出る季節、春を体感するなら新緑の山へGO!

山萌える春です

ミズバショウ桜があっという間に咲いて散ってしまいました。春というより初夏の陽気ですが、ここいらの山はやっともやもやとしてきました。萌黄色ですね~。山が一番華やぐ季節の到来です。でも、つい先日まで山肌には雪も見えたんですよ。

いつだったか昔「萌え~~」って言葉が流行りましたがほんとそんな感じです~。私は「花も団子も」好きだからか、毎年この萌黄色の山を見ると「さくら餅とうぐいす餅のハ~モニ~やぁ~♪(彦摩呂さん風)」と大好きなさくら餅とうぐいす餅を連想してしまいます。

ミズバショウ和菓子屋さんが春の色を上手く表現されてるんですねっ。ほんとに優しい色です~。

今日は、近場のミズバショウの群落まで行ってきました。

標高は此処より200mほど上がって470mくらい、歩いて1時間ほどの所です。時間があればゆっくり散歩を楽しみたいところですが、先週ご近所さんから「ミズバショウが6分咲きくらいだった」と聞いていたのに、ちょっとバタバタしていてなかなか行けず、今週もこのままだと行きそびれそうだと、今日は軽トラを走らせ行ってきました。

ミズバショウミズバショウは見頃を過ぎて13分咲きぐらいでしたが、満開より程よくもあります~。この辺りのミズバショウは土が肥えているのか結構ビッグサイズです。過ぎたるは及ばざるが如しですね。

ミズバショウの他に、イワウチワや盛りを過ぎたショウジョウバカマも咲いていました。天気に良い日で、夫婦山を近くに臨んで静かでのんびりできました。

イワウチワショウジョウバカマ山里に暮らしている恩恵〜のんびりゆったり暮らしてます。

 

シダ類もいいですねー

これは多分ヤマドリゼンマイだと思うんですが、間違っていたらごめんなさい。濃い緑の葉を展開する前で、茎には綿毛が残って新芽の苞の残りがオレンジ色でとてもいい姿です。

ヤマドリゼンマイ色々なデザインに自然の造形物が使われていますが、葉が展開したものは見かけても、展開する前のものは見たことがないので、このシダの姿を何かのデザインに使えたら素敵だろうなぁと思います。デザイン系には疎いもので漠然と思うだけなのですが、山里に暮らし日々自然の造形物と接しているので、いずれはそれらをデザインに取り入れられるよう精進します。ワラビ

 
 

スポンサーリンク