草餅とヨモギ茶

ヨモギ茶春本番、ヨモギの新芽が出始めました。

街なかは舗装だらけ、公園などで生きる野草は厄介者か除草の憂き目に…、しかしひとたび山里に来ればそこは野草のパラダイスです。ハコベやイヌノフグリ、タネツケバナ…1・2年草は我こそ先に花を咲かせようと頑張っているようです。そしてやっぱり強靭なのは多年草のヨモギやスギナやゲンノショウコ…もう少しすればドクダミ…が陣取り合戦を繰り広げます。皆で仲良くうまくやって下さいヨ。

ヨモギの新芽を見ていたら、子供の頃、公園で祖母とヨモギを摘んで草餅を作ったことを思い出しました。

草餅ということで、今日はあちこちからわんさか出てきたヨモギを摘んで草餅を作ってみることにしました。餅つきはホームベーカリーで50分ほどで出来上がり。ちょっと味気ないみたいだけど文明の利器にはやっぱり助けられることも多しです。そして売っているお餅みたいにとても美味しく出来上がりました。柔らかくてそのまま食べたりアンコをつけたり…ついつい食べ過ぎえらいこっちゃです(汗)。今回は2合のもち米に対して50gくらい(量っていないので大体です)のヨモギを入れました、市販のものと同じくらいの味になりましたが、ヨモギ好きの我が家としては次回はヨモギの味をもっと濃くしてもいいかと思いました。

縁側に机、ヨモギ茶ついでと言ってはなんですが、ヨモギ繋がりで、先日TVで「ヨモギ茶」が体に良いと言っていたので作ってみました。少しエグミもありましたが、独特の風味があり体が内から温まるようで元気も出たように思いました。これぞ日本の底力「ジャパニーズハーブティー」ですね。

ヨモギに続いて次回はドクダミハーブティーも試してみようと思います。乞うご期待!

スポンサーリンク